遺伝子診療カウンセリング室

HOME > 遺伝子診療カウンセリング室

遺伝カウンセリングとは

遺伝について不安や悩みを抱えている方々やご家族、遺伝性疾患の患者さんや診断がつかずに悩んでいる患者さんなどに、偏りのない遺伝医学の知識や情報をお伝えすることで、正しい理解、決定ができるよう支援やお手伝いすることです。近年の染色体検査、遺伝子検査の進歩は、私たちに安心を与えるばかりではありません。 “遺伝”に関する知識はまだ正しく認識されているわけではありません。検査の意味を、遺伝学の知識や情報とともに正しくお伝えするには、多大な時間及び高い専門性が必要です。そのため、結果の伝達が不十分なために不安が助長される可能性があります。遺伝医療には、遺伝子が親から子へと受け継がれるものであることから、繊細な問題を含むこともあります。結果として、解決できない悩みを抱える場合もあります。そのような相談者のお悩みに対し、最善の選択を一緒に考えてゆくのが遺伝カウンセリングです。

ご挨拶

近年の遺伝子解析技術の進歩によって、病気と「遺伝・遺伝子」との関連が急速に解明されつつあります。また最近では、病気に関連した遺伝子の検査によって、難治性疾患の診断確定や適切な治療法の選択、さらには治療効果や予後の予測に関する情報を得ることもできるようになりました。しかし遺伝子検査は結果の解釈が複雑であり、一般診療の枠の中では患者様の十分な理解を得るような説明が難しい場合も少なくありません。結果的に遺伝が関与する病気についての悩みや不安を抱える人は、年々増加しているように思われます。
当カウンセリング室では、そのような悩みや不安を抱える相談者の方に対して遺伝や遺伝子に関する正しい知識と最新の情報を提供し、患者様やそのご家族を支援することを目標にしています。そして幅広い領域の疾患に対応できるように、臨床遺伝の専門医が相談の内容に応じて専門診療科の医師やコメディカルと密な連携をとり、カウンセリングの準備をおこなっています。
実際のカウンセリングは、専門的な資格をもつカウンセラーが充分に時間をかけておこないます。また倫理的な問題に配慮し、遺伝情報の漏洩、遺伝的な差別、検査の強要などが決して起こらないような体制が整備されています。遺伝性の疾患を持つ患者様だけではなく、そのご家族やご親戚の方々が相談者となられる場合でも対応が可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

旭川医科大学病院
遺伝子診療カウンセリング室
室 長 原渕 保明

ご相談内容

  1. 私(夫、子ども、親)の病気は遺伝するのですか?
    病気について、もっと詳しい情報を知りたいのですが。
  2. 高齢妊娠では病気の子どもが多く生まれるって本当ですか?
  3. いとこ同士の結婚では病気の子供が生まれるって本当ですか?
  4. いとこ同士の結婚で、不安なのですが?
  5. 家系の中には誰もその病気の人はいないのに、子どもは遺伝病と言われました。本当ですか?
  6. 私の家系はがん家系のようだ。自分もがんになるのでしょうか?
※遺伝カウンセリングは完全予約制となっております。
※プライバシーの保たれた部屋でお話を伺います。
※徹底した個人情報管理をしています。