未診断疾患イニシアチブプロジェクト

HOME > IRUD > 一般の方

一般の方向けFAQ


診断のつかない患者さんについて、最新の機器を使い、DNAを調べて診断の手がかりを探す研究プロジェクト「未診断疾患イニシアチブ(IRUD:アイラッド)」が始まりました。
このプロジェクトは、通常の診察、検査で診断がつかない際に、患者さん、ご両親から約5mL〜10mLの採血を行い、DNAを調べます。
このプロジェクトでの検査(DNA解析)について、患者さんご家族の費用の負担はありませんが、DNA解析が有効かどうかなどの判断や、登録手続きなど、主治医の先生を通じて参加いただくシステムとなっております。

患者・家族に受診費用のほかに検査費用の負担はありますか。
現在のところ、検査費用に関しては研究費で支払いますので、患者様御家族に負担はありません。
検査費用の負担はありますか。
現在のところ、検査の費用は研究費から支払いますので、患者様ご家族にご負担をいただくことはありません。今後、医療として確立した際には検査費用は負担が生じる可能性があります。IRUD拠点病院に受診いただく際には、所定の受診料をご負担いただきます。
希望すれば、必ず検査を受けられますか。
研究費に限りがありますので、御家族に同様の症状がいる方や、複数の臓器に症状が及ぶ患者様を優先させていただいております。事前に担当医の先生とIRUD拠点病院の委員会の先生との協議をしています。
結果を聞くまでにどのくらいの期間がかかりますか。
数千~数万個の遺伝子を同時に調べるため、結果について慎重な判断を要します。数か月の時間をいただくことがあります。
どのくらいの割合で実際に診断がつくのでしょうか。
現在、病気の原因となることが知られている遺伝子の大部分を網羅する検査ですが、診断のついていない患者様の場合、海外の報告で25~30%程度とされています。
両親の採血は必要でしょうか。
患児の結果の判定のために両親の分析が必要となります。
遺伝カウンセリングを受けることはできますか。
あなたが、お子さんの病気のことや研究内容に関して、不安に思うことがあったり、相談したいことがある場合、専門家による遺伝カウンセリングを受けることができます。
不明な点についての問い合わせ先はどこでしょうか。
IRUD拠点病院にお問い合わせください。医療的な内容に関するお問い合わせにはお答えできません。